自動車教習所は合宿免許へ

投稿者: | 2017.01.10

自動車運転免許を取得するには、自動車教習所で実技と学科の教習を受け、その後各県の試験場で筆記試験を受けることになります。ただ、その教習所には2通りがあり、1つは一般的な通学タイプのもの、そしてもう1つが合宿免許となります。そして、この合宿免許が最近注目を集めているのです。このサイトは、合宿免許の内容について説明します。

通学タイプと合宿免許では、一体どのような点で違いがあるのでしょう。まずは、卒業までの期間です。通学タイプの場合は、日常生活を送りながらの教習となりますので、どうしても自分の都合に合わせたスケジュールになってしまいます。学校の授業や部活、あるいは仕事をしながらといったケースの場合、その合間に自動車教習所に通わなければいけません。そのため、期間としては1ヶ月から半年と比較的長い期間が必要です。しかし、合宿免許は2週間で卒業というところがほとんどです。これは、宿泊施設に泊まり込み、一日中、教習所が組んだスケジュールで教習が進むため短期間で卒業できるからなのです。

短期間で卒業という点が、合宿免許の特徴でもありメリットでもあります。また、単期間がゆえにその費用も低く抑えられます。合宿免許は、教習生の回転率が高いため、通学タイプよりも費用を安くしても、充分やっていけるのです。これも、合宿免許に人気が集まっている大きな理由と言えるでしょう。このように、合宿免許は早くて安いという通学タイプにはないメリットが魅力なのです。